聖火ランナーの距離は1人どの位?募集人数と当選確率は?
スポンサーリンク

東京2020オリンピックに
選手としては無理だけど、
何らかの形で参加したい!
と思う方は多いはず。

ボランティアスタッフなども募集されていますが、
東京近郊でない場合や、
仕事などで調整がつかない方は
厳しいですよね。

地方に住んでいても、
参加できるもののひとつ
聖火ランナー!

オリンピック開催期間中、
ずっと燃え盛っている大会のシンボルともいえる聖火。

日本の全国各地から、
開会式が行われる東京の国立競技場を
目指して、聖火リレーが行われます。

その聖火リレーをつなぐ聖火ランナー。
やってみたい!
と思う方も多いのではないでしょうか。

聖火ランナーをやってみたいけど、
一人当たりどの位の距離を走るのか、
気になるところですね。

他にも
何名募集しているのか?
当選確率は?
など、
聖火リレーと聖火ランナーについての
疑問を調べてみました。

スポンサーリンク

聖火ランナーは1人でどのくらいの距離を走るの?

東京2020オリンピックの
聖火ランナー募集が始まっていますね。

そこで素朴な疑問。

聖火ランナーって
1人当たりどの位の距離を走るんでしょうか?

調べてみたところ、
1人あたり 200メートル
を、走行します。

200メートル?
2,000メートルでなく、
200メートル???
これなら行けそうじゃないですか?

推測になりますが、
1人当たりの距離を少なくすることで、
聖火ランナーのハードルを下げ、
いろんな年代の方に参加しやすく、
また、多くの人が参加できるように
しているのではないでしょうか。

しかも、47つある全都道府県で実施され、
離島なども聖火ランナーコースに
含まれています。

地方に住む人が
東京までいかなくても、
この聖火が東京まで届くんだと思うと、
オリンピックへの興味も増します。

また、自身が
聖火ランナーに参加しなくても、
「職場の○○さんが聖火ランナーで走る」
「〇〇さん家の長男が走るんだって!」
と、身近な人が参加しているのを
応援もしたくなりますね。

スポンサーリンク

聖火ランナーの募集人数と当選確率は?

聖火ランナーは
具体的に何人という数は
現時点では決まっていないようですが、
だいたい80~90人で
調整しているようです。

都道府県ごとに
距離なども違うので、
人数もそれぞれ違うのも
当然ですね。

基本的に、聖火ランナーは1名で走りますが、
グループ走行というのもあるようです。

 

聖火リレーの日程について、
開催都市である
東京は15日間の聖火リレーが
設定されています。

そして、
東日本震災の震災地である
宮城・岩手・福島の3つの県と、

競技会場となっている
埼玉・千葉・神奈川・静岡の
4県については3日間、

それ以外の39道府県は2日間
行われます。

1日80名位が聖火ランナーになると考えると、
1県160~240名の人数となります。

そうなると当選確率も
数パーセント位の狭き門になりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

東京2020オリンピックの
聖火リレー・聖火ランナーについて
調べてみたところ、

聖火ランナーは一人当たり200m位を走り、
1つの県を、
80~90名の人が
2~3日間かけてリレーするようです。

開催都市である
東京都は15日間聖火リレーを行うため、
聖火ランナーの数もそれだけ増え、
他県よりは当選確率も高くなりそうですが、
元々の人口が違うので、

確率でいうと、
当選確率は他県と変わらないかもしれませんね。

聖火ランナーの募集は
2019年8月31日23:59までですので、
エントリーを忘れずに、

聖火ランナーになって、
東京2020オリンピックを一緒に楽しみましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事